日本最高のオンラインカジノガイド

カジノドカン!! - 初心者から慣れた人までオンカジ情報はココでチェック!

カジノドカン!! は、オンラインカジノにまつわる情報や最新ニュースを日々お届け。気になる最新カジノや業界ニュースをいち早くゲットしたいなら、毎日ドカンは見逃すべからずっ!

ベストオンラインカジノ

カジノドカン認定の日本から安心してプレイできるカジノを今すぐチェック

LeoVegas

1
95 score
Mystino

2
89 score
$10 ボーナス
1x 賭け条件
60 フリースピン
0x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規プレイヤーのみ:入金不要ボーナス$10 + 60回分フリースピン(出金条件1倍)14日間有効、最低必要入金額$10、登録後7日間以内に入金で、最大200回分のフリースピン。 | 利用規約が適用されます

Casitabi

3
95 score
$500 ボーナス
20x 賭け条件
100 フリースピン
20x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録者限定:ウェルカムボーナス最大$500、Starburstのフリースピン100回 | 利用規約が適用されます

NetBet

4
80 score
$500 ボーナス
40x 賭け条件
- フリースピン
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録者限定:ウェルカムボーナス最大$500(出金条件40倍) | 利用規約が適用されます

Royal Panda

5
81 score
$1 000 ボーナス
35x 賭け条件
10 フリースピン
0x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 初回入金限定:スイートボナンザの入金不要フリースピン10回分(出金条件なし)、 タケノコ特典(入金額に対して最大10万円の100%ボーナス、出金条件35倍) | 利用規約が適用されます

Cherry Casino

6
86 score
$1 000 ボーナス
20x 賭け条件
100 フリースピン
0x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規プレイヤーのみ:ウェルカムボーナス×3:最大$1,000+キャッシュスピン100回(出金条件は入金額+ボーナス額の20倍、フリースピンにはなし)30日間有効。 | 利用規約が適用されます

Conquestador

7
79 score
- ボーナス
240 フリースピン
20x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | カジノドカン限定:初回入金ボーナス(Book of Deadのフリースピン40回、出金条件20倍)、ウェルカムボーナス(最大合計250,000円+Midas Golden Touchのフリースピン200回) | 利用規約が適用されます

Live Casino House

8
88 score
$400 ボーナス
40x 賭け条件
- フリースピン
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | ウェルカムボーナス200%最大$400で出金条件40倍。 | 利用規約が適用されます

Kakerin

9
85 score
- ボーナス
100 フリースピン
0x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録者限定:ウェルカムボーナス(カジノ、スポーツ、Eスポーツ) | 利用規約が適用されます

LynxBet

11
75 score
$1 000 ボーナス
40x 賭け条件
100 フリースピン
40x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録者限定:ウェルカムボーナス最大10万円(賭け条件40倍)+フリースピン最大合計100回(賭け条件40倍) | 利用規約が適用されます

LuckyNiki

12
84 score
$1 000 ボーナス
15x 賭け条件
- フリースピン
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 選べる新規登録者限定ウェルカムボーナス:①最大$1,000もらえる100%ボーナス②最大$500の50%キャッシュバックボーナス | 利用規約が適用されます

人気スロット

人気のオンラインスロットをチェック!

「オンラインカジノって面白そう! けど知らない用語も多いし、そもそもカジノなんてあまりプレイしたことがないから、始められるか心配。」

そう感じている初心者さんに向けて、オンラインカジノを始めるうえで知っておきたい次のような基礎知識を、カジノドカンが徹底解説していきまっす!

  1. オンラインカジノの安全性
  2. カジノレビュー&評価
  3. カジノのゲーム
  4. オンカジボーナス
  5. オンラインカジノガイド
  6. 決済方法

カジノドカンで安全なオンラインカジノを探そう!

私たちカジノドカンは、オンラインカジノをプレイし始めたい方や、すでに遊んでいるけど詳しいおすすめ情報を知りたい、カジノゲームの遊び方についてもっと学びたい、お得な情報を知りたい、、、そんな方々に最新のオンラインカジノ情報を提供するウェブサイトです。

そんな我々もいちプレイヤーとして、安全性や信頼性の高いオンラインカジノを厳選。そして皆さんのもとへ情報をお届けしてるわけなんです。

カジノドカンが頼りになる理由

カジノドカンはとにかくプレイヤーファースト!プレイヤー目線で情報を伝えていきます。

オンラインカジノのレビューだって、本音をぶっちゃけまくり!

本気の評価を下すためなら、とことん自分がプレイヤーの一人として遊び尽くしていきますよ。カジノやプロバイダーさんに嫌われちゃっても…プレイヤーの立場から公平に評価をしていきたい!!そんなサイトです。

もちろん!良いサイトは「良い!!!」と書いてるので、安心して下さい。また、ライセンスを保有している安全性の高いオンラインカジノのみを取り扱っています。まっこの辺は当たり前ですがね✌️

オンラインカジノの安全性

そもそも日本で居住しながら海外のオンラインカジノをプレイするのは合法なのか違法なのかどっちなのか知りたい方も多いと思います。

結論としては、合法や違法とハッキリ判断するのは難しく、オンラインカジノはグレーゾーンと言うことしかできないのが現状です。

じゃあ何故、オンラインカジノが合法・違法と意見が分かれているのか、その理由をご紹介していきます。

①オンラインカジノが合法と言われる理由

オンラインカジノの合法性について考える際に重要となるのが、法律における「対向犯」という考え方。

対向犯は「行為者が互いに向き合い、共同で行う犯罪」のことを指し、賭博罪はこれに該当します。

この対向犯に該当する犯罪で被疑者を摘発する場合、二人以上の被疑者を同時に摘発しなければならないことから、例えば違法オンラインカジノの利用者を逮捕する場合、その運営者も同時に摘発しなければなりません。

ただし、オンラインカジノの運営元が海外であるものは、その国の法律に則って合法的に運営が行われています。

つまり、アメリカならアメリカ、イギリスならイギリスの法律に従って運営しているため、オンラインカジノを運営すること自体に違法性を問うことができないのです。

また、そもそも現在の日本には「海外に運営元があるオンラインカジノを裁くための法律が存在しない」ということも、このようなオンラインカジノが合法といえる根拠となります。

そんなわけで、現在の日本の法律ではオンラインカジノの利用者と運営元を同時に摘発するための法律がなく、明確に違法とすることができないことから、オンラインカジノは合法であると考える意見が存在します。

ただし、その実態はあくまでも「グレーゾーン」にある状態であり、オンラインカジノの利用は部分的には違法であるという認識はしておく必要があります。

【日本でもカジノが合法化?】

その一方で、現在の日本では2018年7月にカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が可決され、遅くても2025年頃には現在名があがっている候補地のいずれかにカジノ施設ができるとされます。

現状の法律では「政府が認めた敷地内のみカジノの運営を認める」とのことですが、パチンコのような曖昧なギャンブルの在り方を正さないままカジノの合法化を踏み切ったため、オンラインカジノのようなグレーゾーンには手を付けられないというのが政府の本音かもしれませんね。。。

【オンラインカジノの運営会社は上場企業が多数】

さらにオンラインカジノの運営会社はそれぞれの国で上場しており、テレビCMや広告が張り出されるほどご立派な企業ばかりです。※当然、上場していない運営会社もあります。

(ベラジョンなど、オンラインカジノの無料版は日本国内でもCMが流れていたりしていますね!w)

ベラジョン無料版

もしこれが海外でも問題となっているグレーな企業ということなら話は別ですが、成長企業の背中を押すサブ的な市場ではなく、しっかりメイン市場に上場しているわけです。

つまり、海外の上場企業を違法だとして摘発するとなればとても大きな国際問題。日本政府側も今の法律ではどうすることもできないのです。

②オンラインカジノが違法と言われる理由

次にオンラインカジノの違法性についてですが、違法性を考える際には日本の法律におけるギャンブルの扱い方を考慮しなければなりません。

通常、日本での公営ギャンブルに関しては競馬や競艇などの国が認めたものしか行うことはできず、それに該当しない賭博などの取り締まりも厳密に行われています。

つまり、公営ギャンブル以外の賭博を日本国内でプレイした場合、「賭博罪」という罪が該当するということです。

また、日本にもカジノ施設が誕生する予定ですが、2022年現時点で国が認めたカジノ施設はなく、カジノ自体が違法なギャンブルとなっています。

この点に関してオンラインカジノをあてはめてみると、通常のカジノと同様にオンラインカジノの中にも国が正式に認めたものは存在しないことから、ギャンブルとして行われている以上オンラインカジノは違法であると考えることもできるでしょう。

【店舗型のオンラインカジノは明確に違法】

日本国内に運営元があるオンラインカジノ」や「海外に運営元があるオンラインカジノをプレイすることを目的とした”日本国内のお店”」を利用した場合は、明確に違法となり摘発の対象となります。

運営元が日本国内にあるオンラインカジノが違法なことは分かっていただけたと思いますが、海外運営のオンラインカジノをプレイすることを目的とした国内店舗はNG、という点については知らない人もいるのでは?

オンラインカジノを『日本の店舗でプレイする行為は違法』となることを覚えておきましょう。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、インターネット上で遊べるカジノゲームを指す言葉です。ネットカジノとも呼ばれていたりします。

オンラインカジノの種類については後に解説しますが、ギャンブルである以上、勝った分の現金は当然引き出すことができますし、宝くじなどと同様に、一発の当選で億万長者となる可能性も十分に秘めています。

また、海外のカジノクラブで遊べる各種ゲームがネット上でプレイできるため、カジノを遊ぶためだけに何十万もの旅行費をかけることも、ディーラーと上手く会話できるかを心配する必要もありません。

▶︎オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは次のような繋がりのもと、安全性が確保された上で運営されています。

①運営側

各オンラインカジノ運営会社は、政府が発行する「事業を認めますよ」というライセンスを取得し、ソフトウェア会社からゲームの配信権限を提供してもらうことではじめて自社のディスプレイに「〇〇カジノ」というスロットやゲームを並べることができます。

また第三者機関による定期的な監視やプログラムの審査も介入することで、さらなる安全性の高さが示されています。

②プレイヤー側

一方、プレイヤーは決済会社(決済サービス)を介して入出金を行う必要があります。

入出金の方法はクレジットカード、オンライン決済サービス、仮想通貨などが挙げられますが、犯罪によって得たお金の出所を不明にするマネーロンダリングの防止策として、クレカへの出金はできません。

決済サービスの選び方としては、一般的に手数料の高さや送金の速さ、サポートの質などを比較して決めるのが良いでしょう。

カジノドカンがお届けする本音の徹底レビュー

色々なサイトで紹介されているオンラインカジノランキング

色々なサイトを徘徊しているとそれぞれでランキングの順位が異なり、結局何が一番おすすめなのか分からないという方や、どこか胡散臭くてなかなか信用できないという方って意外と多いんじゃないですかね・・・?

まずは選び方をはじめ、ランキングや他社オンラインカジノランキングの比較も紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

▶︎カジノドカンのオンカジ評価&格付け方法

いきなりオンラインカジノランキングを紹介されても分からない!という方もご安心を。

まずは「どんな部分を比較するべきなのか」という視点から、カジノドカンが重要視している5つの『オンラインカジノの選び方』を解説していきます。

  1. ライセンスの保持と安全性
  2. ボーナスやオファーの内容
  3. 取り扱いゲームとプロバイダー
  4. 入出金&決済方法
  5. カスタマーサポート

をご紹介していくので、まずはあなた自身がなにを重要視するのかを一緒に探っていきましょう!

①ライセンスの保持と安全性

合法的に運営されているオンラインカジノから選ぶことは常識中の常識で、ライセンスの保有は必ず最初に確認しなければいけない点。

しかし、中には見たことも聞いたこともないライセンスで運営する業者もあるので気をつけましょう。

【合法的な運営を示す「ライセンス」】

オンラインカジノを運営するためには、ライセンスと呼ばれる政府の許可書(運営上の公平性や安全性を審査し問題ない場合のみ発行されるもの)が必要です。

チェックする点はそれぞれの政府によって異なりますが、

は特に厳しい基準のもと審査されるため、安全第一ならば上記のライセンスを保有するオンラインカジノから選びましょう。

【ライセンス取得後の運営を監視する「第三者機関」】

ライセンスを取得するときだけしっかり運営し、その後はめちゃくちゃ…なんてことになったら困りますよね。

そのため、安全第一でオンラインカジノを始めたいのであれば、運営の公平性を定期的に監視する「第三者機関」の認定を受けているかをチェックしてみましょう。

有名な機関といえば、

  • ゲームソフトウェアを高い技術のもと監視するTST(ティーエスティー)
  • 悪質な業者からプレイヤーを保護するために生まれたeCOGRA(イーコグラ)

などが挙げられます。

設立されたばかりのオンラインカジノでは、現在申請していることで惜しくも認定バッジを公表できないこともありますが、老舗や数年経過しているのに認定がないというオンカジはなるべく避けるべきといえます。

②ボーナスやオファーの内容

オンラインカジノには「月曜日限定ボーナス200%キャンペーン」「初回入金$1000ボーナス」といった、プロモーション、キャンペーン、ボーナスなどと呼ばれるお得なイベントが用意されています。

どんなプロモが用意されているのかは各オンラインカジノ、または各シーズン(期間)によって異なりますが、登録する際に実施されているプロモーション(入金不要ボーナスウェルカムボーナスの充実度から選ぶのも良い方法でしょう。

③取り扱いゲームとプロバイダー

ゲーム配信会社、ゲーミングソフトウェア会社、プロバイダーなど様々な呼び方がありますが、オンラインカジノで提供されているゲームソフトを開発・配信している会社を見て選ぶのも賢い選択方法です。

Hawaiian Dreamなどのパチスロで有名な、日本市場向けにゲームを開発しているGolden Heroなどを積極的に採用しているオンラインカジノだと、今後のゲームも日本のプレイヤーを意識したゲーム選びをしてくれることが期待できますね🌺

④入出金&決済方法

オンラインカジノで遊ぶためには、まず各オンラインカジノのマイアカウントに入金を行い、賭けるためのキャッシュを確保しなければなりません。

そして見事ゲームに勝利すると、今度はマイアカウントに反映された勝利分のキャッシュを引き出す(出金する)必要があります。

各オンラインカジノによって対応している入手金方法が異なるため、どの決済方法に対応しているかを見て選ぶのも一つです。

【①出金はできないが入金は手軽な「クレジットカード」】

すぐに入金して遊びたいのであればクレジットカード入金に対応しているオンラインカジノがおすすめ。オンラインカジノの約1/3程度は対応しているため、そこそこ有名なところであればクレカ入金はできるはずです。

ただし、マネーロンダリング(犯罪などで得たお金をサービスを通して分からなくする行為)対策の一環として、クレジットカードに紐づけてある口座に出金することはできません。

【②入出金とも問題なく利便性の高い「電子決済サービス」】

オンラインカジノの入出金において鉄板×最強ともいえる方法がこちらの電子決済サービスです。

メインの入出金方法であるため基本的にどのオンラインカジノでも対応していますが、一部、〇〇カジノでは〇〇が使えない!といったこともあります。

特別な理由がないのであれば、オンカジ業界の2強といわれるアイウォレットエコペイズに対応しているものから選ぶといいです。

【各コインをお持ちなら「仮想通貨」】
仮想通貨

さらに、オンラインカジノの中には仮想通貨で入出金できるところもあります。

日本人でも名の知れているビットコインはもちろん、リップルやイーサリアムといった各アルトコインに対応しているものもあるため、もしあなたが仮想通貨を保有しているならばこれらの対応可否をみて選ぶのも1つです。

⑤カスタマーサポート

そもそもオンラインカジノは運営が海外であるため、日本語のサポート対応を行っていない業者もあります。

今では日本でのIR推進法案(カジノ法案)可決をビジネスチャンスと見た様々な業者が日本語対応化を導入していますが、一部、翻訳がおかしいといったサービスが機能していない面も。

また、ゲーム数は多いけどサポートは良くない、日本語対応は問題ないけど質問の返答がめちゃくちゃ遅いなどの事例もあるため、サポート対応の質・速さを見て選ぶのもひとつです。

おすすめオンラインカジノサイト

正直オンラインカジノの利用目的はユーザーさんによって異なり、入出金のスピードを重要視する人もいれば、スロットの数が多いことを条件としている人、またはライブカジノが豊富に用意されているなど、選び方はそれぞれかと思います。

ただし、ライセンスも取得していない、ぜんぜん出金できない、評判があまりにも悪すぎる怪しいオンラインカジノで遊んでしまうのは危険!

ということで、初心者の方が最高のスタートをきれるよう、登録しても問題ないおすすめのカジノをリストアップしてみました!

Eldoah/エルドアカジノ

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • ゲームの種類が2,000以上
  • 恩来カジノユーザーに大人気
  • ライブカジノがおすすめ

オンラインカジノ業界トップクラスを誇るエルドアカジノは、合計2,000以上のゲームを取り揃えるメーカー。出金スピードが尋常じゃないほど速く、ライブカジノが熱いことからオンカジユーザーでは話題です。お得なコンプポイントシステムは絶対に利用すべし。

賭けっ子リンリン(旧10bet)

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • サイトが使いやすい!
  • カジノ派にもスポーツベット派にも重宝する優れサイト
  • プロモーション豊富

老舗ブックメーカーであるウィリアムヒルと迷いましたが、今回は使いやすさに優れている賭けっ子リンリン!

出金するための条件、入金額の3倍をベットしなければ手数料がかかる点が唯一マイナス評価ですが、香港などのコアなサッカーリーグにも賭けられるため、世界中のサッカーファンから絶大な支持を誇っています。

ジパングカジノ

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • 日本人プレイヤーに人気
  • ハイローラー向けのボーナスを提供
  • 高品質日本語サポート

初心者向けのボーナスとハイローラー向けのボーナスの2種類に対応しており、日本向けのプロモーション多数という実績が日本人にうけているオンラインカジノ。月2回開催される期間限定ボーナスが激アツです。

チェリーカジノ

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • 50年以上の実績を誇る
  • ゲームの質が高く魅力的なボーナスが準備
  • 日本人プレイヤーに人気

マルタ共和国に登録のPlayCherry Ltd.という老舗カジノ会社によって運営されているオンラインカジノ。取得が厳しいライセンスの発行と許可を得ており、安全性も申し分なし。ベストオンラインゲーミングオペレーター賞を3年連続で受賞するなど、オンラインカジノの頂点に君臨する商標のひとつとなっています。

カジ旅

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • RPG風のゲームが大ウケ!
  • 独占ゲーム・機能アリ!
  • 独自のボーナスシステムを採用!

まだにオンラインカジノ業界の日本マーケットブームが来る前から運営していたカジ旅は、キャラクターを使ったRPG風のゲームや独自のボーナスシステムが人気となっているオンラインカジノ。好みはやや分かれる印象ですが、熱烈なファンが世界中に多数います。

Vera&John(ベラジョンカジノ)

初回ボーナス日本語対応
サポート安全性
ゲーム種類簡単入金
  • 1,080種類以上のビデオスロット!
  • サポートが速い!
  • 初心者でも簡単プレイOK!

業界大手といわれるオンラインカジノです。入出金やサポートなどはもちろん、多数のゲーム配信会社と提携しているため、ビデオスロットが約1080種類以上用意されており、ほとんどのスロットはベラジョンカジノで見つかります。

また、他サイトでも多く取り扱われていることから国内でも断トツの人気度となっており、情報も豊富です。

オンラインカジノのペイアウト率

ギャンブルといえば、パチンコ、競馬、宝くじなど様々な種類がありますが、オンラインカジノはこれらギャンブルの中でも最高水準となるペイアウト率を誇ります!

宝くじ約40%
競馬約70%
パチンコ約80%
オンラインカジノ約97%

ペイアウト率ってなに?

そもそもペイアウト率とは、還元率、払戻率など様々な呼び名がありますが、これは「勝つ可能性の確率」をあらわす指標のことで、簡単にいうと「いくら使ったらいくら戻ってくるか」ということです。

例えばペイアウト率が50%のゲームに1万円使ったとすれば、大体5000円が自分の手元に返ってくるといえば分かりやすいでしょうか。

ペイアウト率の注意点

ただし、このペイアウト率はゲーム全体の確率であるため、1回のプレイでそのペイアウト率分が払い戻されるわけではなく、10回目、100回目、500回目など特定のタイミングの払い戻しによってそのペイアウト率になるよう調整されます。

この払い戻されるタイミングはRNGという乱数発生器によって制御されているのですが、そのあたりの詳しい詳細はここでは割愛するとして、まずはギャンブルで勝つにはこのペイアウト率の高さが肝であることを覚えておいてください。

オンラインカジノで遊べるゲーム・種類

オンラインカジノで遊べるゲームは、上図のように様々な種類があります。

ポーカーやバカラといったテーブル上でプレイするものを「テーブルゲーム」といいますが、海外のカジノ店にカメラを設置し、リアルタイムの映像をみながら遊ぶテーブルゲームを「ライブカジノ」といいます。

また、パチスロのようなスロットマシンを「ビデオスロット」、実際のスポーツの試合結果を予測して賭けるものを「スポーツブック(スポーツベット)」といいます。

オンラインカジノ運営会社によっては、ビデオポーカー、宝くじなど少し特殊なギャンブルを揃えているところもありますが、基本的に私たちが想像するカジノゲームはほぼ間違いなく揃っているでしょう。

※それぞれのゲームルールは以下のリンク先で解説しています。

ビデオスロットジャックポット、クラシック
ライブカジノブラックジャックポーカーバカラルーレットシックボー etc…
スポーツブック
(ブックメーカー)
サッカー、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、テニス etc…
その他ビデオポーカー、テーブルゲーム、宝くじ、ロト、ビンゴ etc…

オンラインカジノのボーナスの種類

オンラインカジノのホームページや紹介サイトを訪れたとき、「期間限定!入金不要100%ボーナス」のような広告を見たことはありませんか?

実はこのカジノ業界が実施するプロモーションを、「ボーナス」と呼んでいます。

ほかにも、オファー、ディスカウント、キャンペーンなど様々な呼び方がありますが、このボーナスにも色々な種類があり、これらをフル活用することで自分のお財布を極力痛めずに遊ぶことができるんです!

ボーナス名内容
ウェルカムボーナス(登録ボーナス)オンラインカジノに登録することでもらえるボーナス。プレイヤーが最も最初に獲得できるもの。
初回入金ボーナスはじめて入金したときに貰えるボーナス。ほぼ全ての運営が提供しており、マーケットの拡大からボーナスの額が年々上昇傾向。
入金不要ボーナスリリース直後のゲーム告知やユーザー獲得のために実施されるボーナス。入金することなく無料で貰えるが、いくつかの条件がある。
リロードボーナス(追加入金ボーナス)既存ユーザーのために実施されるボーナス。2度目や3度目の入金時に貰うことができるが、額は初回よりも低い。告知はe-mailやSNS。
モバイルボーナススマホユーザーの上昇から生まれたモバイルカジノ向けボーナス。名の通り、モバイルでプレイする場合のみ貰える。
フリーキャッシュ(ボーナスマネー)制限時間つきで貰えるボーナス。運営側がきめた時間を過ぎるとボーナスは無効になる。
フリースピンスロットを無料で回せる特典のこと。他のボーナスに付け加えられることもあるが、新規スロットの開拓など利用場面も多く、プレイヤーからも人気。
賭け条件付きボーナスボーナス額の10倍~80倍を消費しないと出金できないという条件付きのボーナス。活用は慎重に。
キャッシュバック損失したプレイヤーにいくら分か還元するもの。携帯の契約とかでよくあるやつと同じ。

オンラインカジノの始め方・遊び方

用意するもの

・モバイル / PC
・決済用のカード / アカウント
・身分証明書(免許証・住民票など)
・軍資金

【1】遊びたいオンラインカジノを選ぶ

まずはともあれ、あなたが「遊びたい」と思うオンラインカジノを見つけることが最優先です!

オンラインカジノの選び方は人それぞれですが、カジノドカンでは

  1. 入出金方法の豊富さ
  2. 安全性の高さ
  3. 提携しているゲーム配信会社の種類
  4. ボーナスのアツさ
  5. サポート対応の質・速さ

の5つから選ぶ方法をおすすめしています。選び方、他社サイトの比較、おすすめといった詳細は「オンラインカジノのランキングTOP10」で解説しているので、どのオンラインカジノで遊ぼうか迷っている方はぜひ目を通してみてください。

【2】オンラインカジノに登録する

【1】が決まれば早速そのオンラインカジノに登録です!

登録方法は各オンラインカジノで異なるため詳しい解説は割愛しますが、カジペディアでは様々なオンラインカジノの登録方法をキャプチャ(画像付き)で解説していますので、「登録のやり方が分からない」という方はぜひそちらの記事を参考にしてみてください。

とはいえ、基本的にどのオンラインカジノでも3分~5分程度でアカウントの登録が完了します。InstagramやTwitterを登録するのとなんら変わらないほど簡単です。

カジノサイトによっては、そのサイトのリンクから登録することでボーナスが貰えることもあります。カジノドカンでも導入を検討中ですのでお見逃しなく!

【3】オンラインカジノに入金する

無事にアカウント作成が完了したら、次は賭け金としてつかうキャッシュ(実際のお金)を自分のアカウントに入金します。

オンラインカジノによって対応している入金方法は異なりますが、一般的には

  1. クレジットカード
  2. オンライン決済サービス
  3. 仮想通貨

の3つ方法から選択します。カジノドカンでは各カジノの入金方法も解説していますので、実際にご入金する際はそれらの記事で流れや注意点を確認してからはじめてみましょう。

※各オンラインカジノで実施されているプロモーション(ボーナス・無料スピンなど)をつかうことで、入金せずとも遊べる場合があります。有効活用すれば自分のお財布を痛めなくて済むのでおすすめです。

【4】オンラインカジノをプレイする

遊べる分のキャッシュ、またはボーナスが用意できればいざプレイ開始です!

用意されている機種やゲームの種類はそれぞれのオンラインカジノによって異なりますが、

  • スロット
  • ライブカジノ
  • スポーツベット

など様々なゲームがあるので、いろいろな機種やゲームを試し、勝ちやすいものや勝てるものを見つけていきましょう!

【5】オンラインカジノから出金する

オンラインカジノで何度か遊び、無事にプラス収支になったのなら、後はその勝利分のキャッシュを

  1. オンライン決済サービス
  2. 仮想通貨

へと引き出します。この引き出す行為を「出金する」といいますが、一つ気を付けなければならないのはクレジットカードへの出金はできないということです。

これはマネーロンダリング(犯罪などで得たお金をサービスを通して分からなくする行為)の防止策として設けられている制限で、どのオンラインカジノでもNGとなっています。

オンラインカジノを無料でプレイ

オンラインカジノの中には、実は登録不要かつ無料でカジノゲームを体験することができるカジノも多くあります。特にスロットは、【デモプレイ機能】を搭載している機種がほとんどです。

登録、入金してから「想像していたゲームがない」「サポート体制やボーナスがイマイチ」などと後悔しないためにも、まずは無料プレイでオンラインカジノの雰囲気を掴むのもアリですね。

オンラインカジノって違法じゃないの?

オンラインカジノの違法性について、実は利用者の逮捕事例はありますが、検察側によって利用者側を有罪とするのは難しいとの判断がされています。そのため、オンラインカジノの利用は極めて合法に近いといえますが、その利用は自己責任であることも忘れてはいけません。
今回は日本で起こったオンラインカジノ利用者が逮捕された事件と運営者側が逮捕された事件についてご紹介していきます。

日本初?オンラインカジノ利用者で逮捕者が

グレーゾーンにあることから、現時点では明確に違法ということはできず、合法とも見られるオンラインカジノですが、その利用者の逮捕例があることも見逃すことはできません。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。

引用元:産経WEST

2016年に海外に運営元があるオンラインカジノを利用した日本国内在住の男性3名が賭博(単純賭博)の疑いで京都府警によって逮捕された事件がありました。無店舗型のオンラインカジノの利用者が摘発されたのは全国でも初めてであったことから、当時多くの注目を集めました。

この3名が利用していたのは「スマートカジノ(現在は閉鎖されている)」というイギリスに拠点を置く登録制のオンラインカジノで、逮捕容疑としては2016年2月18日~26日の間にスマートライブカジノを利用して、カードゲームで約22万円(クレジットカードで)を賭けたとされています。
このカードゲームというのはスマートカジノでは「ライブゲーム」というライブ配信型のカジノがあり、それが日本人のディーラーが日本語でゲームを進行し、しかも開催時間が日本時間の夜だったため、明らかに日本に住む日本人を狙ったものと判断し、それらが賭博罪に適応するとしてプレイしていた3名を容疑で逮捕しました。

また、クレジットカードを使ったことで身元が分かったそうなので、今のオンラインカジノの多くは入金でクレジットカードが使えるので、使用している人も少なくないと思います。安全性を疑うようなオンラインカジノではクレジットカードの情報が流出することもゼロではないので、リスクがあるのを知ったうえでクレジットカードを使うか他の方法で入金するかよく考えた方がいいでしょう。

逮捕=有罪という訳ではない

本来合法であるはずのオンラインカジノを利用することで逮捕されるのはおかしいのではと考えることもできますが、ここで注意しなければならないのが「逮捕」とはあくまでも「疑いがある」というだけであり、その時点で明確に有罪であるというわけではないという点です。特にオンラインカジノに限らず、グレーゾーンといわれる行為に対しては警察も常に目を光らせており、違法・合法の判断を法の裁きに委ねることを目的として、特に多くの利益を得ている利用者などが逮捕されるということは珍しくありません。

そのため、このオンラインカジノの利用者の逮捕事例に関しても、逮捕をされた時点で被疑者の有罪が確定した訳ではなく、オンラインカジノ自体の違法性・合法性を決定づけるという意味でその後の判決には多くの注目が集まりました。

その後2名が略式起訴で1名は裁判に

捕後の経過にも大きな注目が集まったこちらの事件でしたが、逮捕された3名のうち2名は略式起訴を受け入れ、罰金を払う形での釈放を選択したことから裁判へと進展することはありませんでした。

略式起訴は、迅速に事件を解決するために裁判など行わずに、捜査結果を元に裁判所が罰金額を決定します。
略式起訴ができる条件には100万円以下の罰金に想定する事件ものなので、2名は裁判を避けるため数十万円を支払ったとされています。

残りの1名の動向に対してはさらに多くの注目が集まり、略式起訴を選択せずにオンラインカジノを利用したことは認めたものの、そもそもオンラインカジノの違法性を明確にする法律は日本にはなく、そのような状況であるにもかかわらず唐突に逮捕されたことに対して不満を感じており、その点についても裁判で争いたいとの意思を示しました。

裁判の判決結果は不起訴処分!

不起訴


刑事裁判で争うことを望んだ1名ですが、結果的には「不起訴」処分になりました。不起訴処分とは、検察官による「被疑者を起訴しない」という決定のことです。

不起訴処分は、検察や警察による証拠の元から、起訴するかどうかを判断しますが、検察官が被疑者(容疑者)を起訴するに値しないと決めたら「不起訴処分」となります。

不起訴処分の種類は色々ありますが、大きく分けると上記の3つに分類することができます。
今回の事件はこれらに当てはまったので、警察側が不起訴処分を決めました。

不起訴になった背景には弁護士の津田岳宏氏

今回の検挙に対して被疑者の弁護を行った津田岳宏弁護士によって、該当のオンラインカジノは運営元が海外にあることから検挙できないにもかかわらず、その利用者だけが検挙されることの不当性を主張する意見書が検察庁に提出されました。

津田岳宏弁護士のこのような主張には、賭博行為は賭博を行う場所を提供した胴元側が刑事責任を負うべき主たる対象であり、その利用者はあくまでも付随的な存在であるという考え方が根本に存在しました。
それに加え、賭博行為の違法性に対しては、胴元とその利用者が共に検挙されなければならない「対向犯」の概念が適用されることから、そもそもオンラインカジノ側を検挙できない時点で利用者は検挙対象ではないとの考え方は決して奇をてらったものではありませんでした。

この結果、津田岳宏弁護士のこのような主張が考慮されたか否かについては言及されませんでしたが、検察側は津田岳宏弁護士の主張とほぼ同じ理由から被疑者の起訴は困難であるとの判断を下し、最終的に被疑者は不起訴処分となりました。
そのため、オンラインカジノの違法性が裁判所にて議論されるということはありませんでした。

実際に今回の裁判の結果以降、オンラインカジノ利用者で逮捕された事件は2018年11月現在まで起こっていません。

今回の判決で改めてオンラインカジノはグレーゾーン

上述したオンラインカジノ利用者の逮捕事件では、逮捕された3名のうち2名が略式起訴を選択し、残りの1名も検察側の判断により不起訴処分となったことから、裁判にて有罪・無罪の判決が下されることはありませんでした。

そもそも不起訴と無罪には違いがあり、前歴が残るか否かなどの大きな違いもありますが、不起訴処分=100%違法とは言えないので、明確な判例がない以上オンラインカジノは依然としてグレーゾーンにあるということができ、それが違法であると断定することもできません。

IR実施法可決でオンラインカジノに影響は?

2018年7月20日にカジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が通常国会で可決され、日本でもカジノ施設ができるようになりますが、オンラインカジノに関してはまた別問題なので進展はありません。
今回のIR実施法ではギャンブル依存症対策からカジノ事業において実施を認めるカジノ行為は、カジノ施設内に限定するということなので、カジノ施設外であるオンラインカジノは認めないという見解ができます。
いずれにしてもオンラインカジノに関してプレイするのは違法という法律も現時点ではないので、今回のIR実施法で何らかの進展がある可能性はないとは言い切れないでしょう。

結局のところオンラインカジノは違法?合法?白黒はっきりしない理由

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が2018年に可決され、注目が徐々に集まっているカジノですが、以前から日本国内でオンラインカジノをプレイしている人は多くいます。

しかし、現在の日本ではカジノなどの賭博行為は違法。闇カジノやインカジと呼ばれる裏の賭博場はすべて法律違反です。

とはいえ、競馬、競輪、競艇、オートレース、パチンコなどはカジノとなんら変わらないギャンブルであるにも関わらず、「公営ギャンブル」に該当するという理由だけで公に認められています。

なんだか不思議ですが、今回の本題である「オンラインカジノ」はどうなのでしょうか?

違法?合法?が分からなければ、「もし捕まったらどうしよう」という不安ばかりが募り、なかなかオンラインカジノをプレイできないという方も多いでしょう。

今回はオンラインカジノが合法なのか違法なのか、さらには日本人に人気の運営会社、ベラジョンカジノの違法性についても触れていきたいと思います。

その他のオンラインカジノも悪くない!

ちなみに本記事で紹介していないオンラインカジノやスポーツブックでも、人気なものや安全性の高いものはまだまだあります!

カジノドカン! ではそれぞれのメーカー情報をまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

オンラインカジノと一口に言っても様々な種類があり、それぞれに強みがあります。

安全性などは最近どこも問題ないように思いますが、一部ライセンスを取得できていないなど日本人は絶対にプレイしないほうがいいものもあるので、独断で選ぶのはちょっと怖いなという方はぜひカジノドカンなどのカジノサイトを参考にスタートしてみてください。

それでは、素敵なオンラインカジノLIFEを!