カリビアンスタッドポーカー

オンカジでディーラーと勝負するタイプのポーカー! ルール・プレイ方法・プレイできるおすすめカジノ

オンラインカジノでもプレイできるオープンポーカー(スタッド系)の一種、カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーとプレイヤーが1対1で勝負をするタイプのポーカー。カードの交換・駆け引きもないので、どう動くか考えながらプレイするのがキー!

Casitabi

1
95 score
$500 ボーナス
20x 賭け条件
100 フリースピン
20x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規登録者限定:ウェルカムボーナス最大$500、Starburstのフリースピン100回 | 利用規約が適用されます

Cherry Casino

2
86 score
$1 000 ボーナス
20x 賭け条件
100 フリースピン
0x 賭け条件
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規プレイヤーのみ:ウェルカムボーナス×3:最大$1,000+キャッシュスピン100回(出金条件は入金額+ボーナス額の20倍、フリースピンにはなし)30日間有効。 | 利用規約が適用されます

Eldoah Casino

3
88 score
- ボーナス
- フリースピン
レビュー 今すぐプレイ

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規プレイヤー限定:【入金不要ボーナス】2000円、 出金条件1倍, 有効期限30日間 【初回入金キャッシュバック】損失額の50%、 最大50,000円 | 利用規約が適用されます

オープンポーカー(スタッド系)の一種、カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーとプレイヤーが1対1で勝負をするポーカーです。

日本人に馴染みのあるクローズドポーカー(ドロー系)と同様、5枚のカードで役を揃えるルールとなりますが、カード交換はできないため、どう動くかが勝負のカギとなります。

カリビアンスタッドポーカーのルール

別名、パシフィック、バミューダ、トロピカルとも呼ばれるカリビアンスタッドポーカーは、オープンポーカーに属する種類であることから、「プレイ中、ディーラーのハンドが1枚オープン(表向き)」になることが最大の特徴です。

カード交換もないので、はじめに配付されたカードの影響が大きく、ポーカーの醍醐味であるブラフ(ハッタリ)といった駆け引きがないこともドローポーカーとは違う点です。

また、後述しますが、プログレッシブジャックポットと呼ばれる大当たりの賞金に賭けることもでき、一定の役ができたらディーラーのアクションに関係なく賞金がもらえることもカリビアンスタッドが支持される理由のひとつといえます。

※通常のベットエリア以外に用意されたベットエリア=サイドベットと呼びます

・カード交換がない
・ディーラーのカードが1枚オープン(表)になる
・ブラフなどの駆け引きがない
・ディーラーとの1対1勝負
・サイドベットに賭けることもできる

使用するカード

ジョーカーを除く52枚

カリビアンスタッドポーカーはジョーカー(Joker)を除く、計52枚のトランプを使います。

  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A
  • :2.3.4.5.6.7.8.9.10.J.Q.K.A

プレイ人数

カリビアンスタッドポーカーはディーラーとの1:1勝負であるため、

  • プレイヤーとして1人
  • ディーラーとして1人

いればプレイできます。

テーブルに同席がいたとしても、プレイヤー全てがディーラーとのタイマン勝負ですので、自分とディーラー以外の人数は気にせずでOKです。

カードの強さ

ポーカーのカードの強さ

通常のドローポーカー同様、カードの強さは2・3・4・5・6・7・8・9・10・J・Q・K・Aの順です。

ただし、カリビアンスタッドポーカーはジョーカーを使用しないため、最も強いカードはAとなります。最弱は2です。

勝敗の判断

ポーカーの勝敗の決め方

カリビアンスタッドも通常のポーカーと同様、「役の強さ」によって勝敗を判断し、その役のランクに応じて配当が支払われます。

ただし、カリビアンスタッドはディーラーの動きに特有があるので、そのあたりは入念に確認しておきましょう。

カリビアンスタッドポーカーの進め方・流れ

カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーに勝ったときの役に応じて配当倍率が決められているなど、ちょっとややこしいルールもあるので、以下よりしっかり確認してみてください。

Step1 アンティを支払う

ベットする

まずは開いているテーブルに座り、ゲームの参加費であるアンティ(ANTE)の支払いをおこないます。

アンティとは参加時に支払う強制ベットのことですが、各テーブルによって異なる場合があるため、勝負をやめたければ、自由に席を外しても構いません。

参加しているプレイヤー全員がアンティを賭け終わると、ゲームが始まります。

プログレッシブジャックポット(サイドベット)

プログレッシブジャックポット

冒頭で少し触れましたが、カリビアンスタッドポーカーにはプログレッシブジャックポットと呼ばれる大当たり賞金にベットすることもできます。

プログレッシブジャックポットとは「一定以上の役が完成したとき、勝敗に関係なく賞金が支払われるシステム」を指しますが、これを用いることで、「大役が完成したにも関わらず、ディーラーがゲームを降りたためにアンティの2倍分しかもらえない」という最悪の状況をまぬがれることができます。

テーブルやカジノによって金額が決められているので一概いくらとはいえませんが、ゲームを始める前に、一定額をプログレッシブジャックポットのエリアにベットすることが条件ですので、狙う場合はサイドベットにもチップを置きましょう。

Step2 カードが5枚配られる

カードを5枚配布

プレイヤー全てのベットが完了したら、プレイヤー、ディーラー共に5枚ずつカードが配られます。

ただし、カリビアンスタッドはオープンポーカーの一種ですので、ディーラーのハンドは1枚のみ公開された状態となります。

Step3 各アクションを行う

アクション

プレイヤーは自分のカードと、ディーラーのアップカード(表向きのカード)を確認し、

  1. 勝負を続ける
  2. ゲーム降りる

を決めます。

勝負(Call)する場合

勝負を続ける場合は、アンティの倍額のチップを「CALL(コール)」と書かれたベッティングエリアの上に置きます。

  • アンティが$1なら$2を追加
  • アンティが$2なら$4を追加

降りる(Ford)する場合

フォールドする場合はディーラーにカードを返します。

この時、アンティは戻ってきません。

Step4 勝敗決定

勝敗確定

全員のアクションが終わったら、ディーラーのカードが公開され、勝敗決定と配当の精査がおこなわれます。

ただし、カリビアンスタッドのディーラーは通常のポーカーとはまた少し違う動きをするので、以下にて確認しておきましょう。

ディーラーの決められた動き

カリビアンスタッドの勝敗判断

上図のように、ディーラーのハンドに「A・K の両方」が含まれている場合、または「ワンペア以上の役」を持っている場合に限り、強制的に勝負をおこないます。

また、この条件がそろっていることを「クォリファイ」といい、もしプレイヤーがディーラーに勝った場合は「アンティの2倍+(ベット額×役の配当倍数)」が支払われます。

ハンドそれぞれの配当はこの先で解説していますが、例えばアンティ$2、ツーペア(配当2倍)で勝利した場合は以下のとおりです。

  • $2×2=$4
  • $4×2倍=$8
  • 合計:$12 受け取り
ディーラーの特殊な動き

一方で、上記に満たない場合はプレイヤーのハンドに関係なく、ディーラーは強制的にそのゲームを降り、この時点で、プレイヤーにはアンティの2倍のチップが払い戻されます。(要はゲームの参加料の倍が戻ってくる)

というように、カリビアンスタッドには特有のルールがあるので、必ず覚えておきましょう。

カリビアンスタッドポーカーの役と配当

カリビアンスタッドポーカーで用いる役は、通常のポーカーと同様です。

また、勝利したときの配当倍率は以下のとおりですので、カリビアンスタッドでカジノを行う方は頭に叩き込んでおきましょう。

ハンド例/名称配当
ロイヤルストレート100:1(101倍)
ストレートフラッシュ50:1(51倍)
フォーオブザカインド/フォーカード20:1(21倍)
フルハウス7:1(8倍)
フラッシュ5:1(6倍)
ストレート4:1(5倍)
スリーオブザカインド/スリーカード3:1(4倍)
ツーペア1:1(2倍)
ワンペア1:1(2倍)
ノーペア/ハイカード1:1(2倍)

配当の2:1とう表記は、「得られる利益:アンティ」です。

カリビアンスタッドはディーラーに勝利するとアンティが戻ってくるため、2:1の場合は合わせて3倍の配当となります。

カリビアンスタッドポーカーの控除率(ハウスエッジ)

世の中のギャンブルには控除率(ハウスエッジ)と呼ばれる運営側の取り分があります。

簡単にいうと、賭けた金額に対しての手数料をあらわす割合のことで、控除率は各ゲームによって異なるのですが、カリビアンスタッドポーカーの控除率は約5%となっています。

エースキング(Ace King)とは?

エースキング(Ace King)」とは、カリビアンポーカー特有のルールのひとつです。

このルールはディーラーだけに適用され、プレイヤー側にとってのハンデと捉えることもできます

エースキング

エースキング(Ace King)とは、カリビアンスタッドポーカーのルールのひとつで、文字通り、手の中にエースとキングがある役のことを指します。

マカオではディーラー側のみに適用されるものですが、カリビアンスタッドポーカーをプレイする上では必ず覚えておかなければならないルールです。

エースキングは一部のポーカーで使用される

カジノで行われているポーカーにはいくつかの種類が存在しますが、このルールは相手を設定しないビデオポーカーには存在しないルールです。

そのため、相手を設定するタイプのポーカーはプレイしない場合は覚えておかなくても特に問題はありません。

エースキングはディーラー側にだけ適用される

カリビアンポーカーとはディーラーが相手となるポーカー(1対1でプレイするもの)のみに適用され、役の難易度の高さに応じて勝敗が決定されます。

エースキングとはこのカリビアンポーカーにおいて、最初に配られたディーラー側のカードにエースとキングのどちらもなく、なおかつ役もそろっていない場合に、ディーラーがその場で降りなければならないルールのことを意味します。

このルールは通常ディーラー側にのみ適用されるルールですので、エースキングはプレイヤー側へのハンデと捉えると分かりやすいでしょう。

エースキングの起源

カリビアンポーカーにおけるエースキングのルールの起源に関しては諸説あり、どれが正しいかは明言することができません。

しかし、ポーカーそのものは1830年ごろにアメリカへ入植したフランス人によって紹介されたといわれており、それとほぼ同等の時期にエースキングのルールも考案されたことが考えられています。

エースキングになる場面

playerとdealer

続いてはエースキングの状態になった場合に、ディーラー側、プレイヤー側がどうなるのかについて解説します。

エースキングになった場合、ディーラー側はどうなる?

まず、エースキングは上述したとおりディーラー側にだけ適用されるルールであることから、ディーラー側は最初のカードが配られた段階で、エースキングの状態になっていないかを確認する必要があります。

その上でエースキングの状態にあることが判明した場合、ディーラー側はその時点で負けが決定するため、自らゲームを降りなければなりません。

一方、エースキングの状態でなければゲームは続行。通常通り、役を作るためのカードの選択を行います。

エースキングになった場合、プレイヤー側はどうなる?

エースキングはディーラー側だけに適用されるルールであることから、プレイヤー側はカードが配られてもエースキングの状態にあるか否かの確認をする必要はありません。

そのため、カードを配られたらすぐに役を作るためのカード選択を行います。

ただし、ここでディーラー側がエースキングの状態であることを申告した場合、ゲームはその時点で終了し、プレイヤー側の勝ちが決定します。

これにより、プレイヤー側はその時点で欠けられている分の2倍のチップを獲得することができます。

Even Pay(イーブンペイ)とは?

イーブンペイ

Even Pay(イーブンペイ)とは、トランプを使用したカジノゲーム、カリビアンスタッドポーカーで、「ディーラーが役を作れなかったときにプレイヤーにアンティ分の額を支払う場合」に使用される用語です。

一般的なポーカーはほかのプレイヤーと手役を競うゲームとなっていますが、カリビアンスタッドポーカーは他のプレイヤーと競うのではなく、ディーラーと役を競うゲームとなっているため、イーブンペイをしっかり覚えておく必要があるでしょう。

イーブンペイ意外の独自ルール

また、カリビアンスタッドポーカーの役は通常のポーカーと変わりませんが、一部、大当たりの賞金「プログレッシブジャックポット」といった独自ルールが存在します。

これらを抑えておけば様々な勝負ができますから、カリビアンスタッドポーカーをプレイする際は、ぜひ細かいルールもチェックしてみてくださいね!

まとめ

カリビアンスタッドポーカーはオープンポーカー(スタッド系)の一種で、ディーラーのハンドが一部公開されるなど、通常のポーカーとはまた違った面白さがあります。

ルールを覚えるのは少し大変かもしれませんが、ぜひこの機会に覚えてみるといいかもしれません。